【伊賀】今日は何の日??慶長元年(1596年)12月23日、2代目服部半蔵「服部正成」が逝去した日です。

LINEで送る

Hanzo

wikipediaより引用

服部正成と言うよりも、「服部半蔵」と言ったほうが、きっと馴染みがありますよね。

2代目服部半蔵とはどんな?。。。調べてみました。

服部半蔵=「伊賀忍者の頭目」というイメージで知られていますが、実際に忍者だったのは、半蔵の父親である初代半蔵だったそうです。
では、正成は?というと、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将で、徳川家康に仕えた戦国武将だったそうです。
正成は、伊賀で忍者として活躍した服部保長の四男、三河国に生まれたそうです。
槍を得意とし、「鬼の半蔵」の異名をとり、「徳川十六神将」のひとりに数えられているそうです。
実戦では伊賀衆(伊賀同心組)と甲賀衆を指揮していたそうです。

服部半蔵と徳川といえば。。。。
以前の記事「瓢箪から駒ならぬNHK大河『軍師 官兵衛』から醤油!(笑)」でご紹介した「伊賀越え」ですよね(*^^*)

正成は父の跡目として服部家の家督を継ぎ、家康に仕え、「遠江国掛川城攻略」、「姉川の戦い」、「三方ヶ原の戦い」などで戦功を重ねたそうです。

正成は江戸城の西門近くに屋敷を構え、伊賀同心らに城周辺や甲州街道いったいの警護をさせたことから、その門は「半蔵門」と呼ばれ、地下鉄「半蔵門線」の由来になっているそうです。

1596年12月23日に55歳で没した正成は東京都新宿区の西念寺に葬られているそうです。
西念寺には、正成愛用の槍が寺宝として残されているそうです。

Sepulcher_of_Hattori_Hanzoh_at_Sainen-ji_Temple

西念寺にある服部半蔵の墓
wikipediaより引用

服部正成の墓が東京にあったり、忍者じゃなかったり。。。
知らないことが沢山でした(*^^*)
(ゆーたん)

★西念寺★

 東京都新宿区若葉2-9

東京都新宿区若葉2-9

 

LINEで送る

2014/12/23
ページの上へ