【伊賀】上野丸之内「だんじり会館」でだんじり展示「交代」 会館で入れ替え作業

LINEで送る

AS20160425000836_comm

朝日新聞より引用

 

朝日新聞によりますと。。。

 

 伊賀市上野丸之内のだんじり会館に展示されているだんじりの入れ替え作業が24日にあった。昨秋の上野天神祭の後から展示されていた3基のだんじりが、しるしと共に各町の住民らの手でひき出され、代わりに別の3基が会館に入った。

 

とのことです。

 

 だんじり会館では、町ごとに9基あるだんじりのうち3基を半年交代で会館に置いて観光客に見てもらっているとのことです。

この日は会館から、福居町の「三明(さんめい)」、鍛冶町の「二東・月鉾(つきぼこ)」、西町の「花冠」の順番でひき出され、半年ぶりに動かされただんじりは車輪をきしませながら、伊賀鉄道の踏切を次々と渡って各町の蔵に戻されたそうです。
祭りばやしは無かったが、忍者姿の観光客らは豪華なだんじりを珍しそうに見て撮影していたとのことです。

午後には中町の「其神山(きしんざん)・葵(あおい)鉾」、新町の「薙刀(なぎなた)鉾」、小玉町の「小簑山(こみのやま)」の順番で会館に入り、ちょうちんなどが飾り付けられたとのことです。

 

半年ごとに表情を変えるだんじり会館。
秋のお祭りに来られた方も、違った雰囲気のだんじりを、是非ご堪能ください!

 

一基一基違いがあって、本当に綺麗なんですよ。
忍者だけじゃないんです!伊賀には沢山あるんですよ(*^^*)

 

(ゆーたん)

 

 

LINEで送る

ページの上へ