【伊賀】上野天神祭だんじり巡行、1番くじは3年前は台風で幻になった魚町!

LINEで送る

%e3%81%a0%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%8a%e9%ad%9a%e7%94%baauto-d2mvb6

いがぶらより引用

 

産経ニュースによりますと。。。

 

伊賀市の秋を彩る来月の「上野天神祭」(国重要無形民俗文化財)で、9基のだんじりの巡行順を決める「くじ取り式」が9日、同市上野東町の菅原神社であり、魚町のだんじり「紫鱗」が1番手となった。同町の家喜正治楼車(だんじり)委員長(56)は「3年前は1番くじを引いたが台風27号の影響で中止となっており、今年は改めて先頭に立って祭りを勢いづけたい」と話した。

 

とのことです。

 

式では、だんじりと鬼行列の巡行にかかわる13町の代表約40人が集まり、次々と木札のくじを引き、だんじりの1番から9番までの順番を決めたそうです。

 

今年のだんじりの巡行順は。。。

 

(1)魚町(紫鱗)

7uomati3-2

 

 

 

(2)東町(桐本)

9higasi-2

 

 

 

(3)向島町(鉄英剣鉾)

5mukaijima3-2

 

 

 

(4)中町(其神山葵鉾)

%e4%b8%ad%e7%94%ba8nakamati3-2

 

 

(5)福居町(三明)

1fukuicho4-2

 

 

 

(6)小玉町(小蓑山)

4kodama3-2

 

 

 

(7)新町(薙刀鉾)

6sinmati3-2

 

 

(8)鍛冶町(二東)

3kajimati3-2

 

 

 

(9)西町(花冠)

2nisimati3-2

 

 

 

と、なっています。

 

昨年の一番くじの西町が執りを務め、幻となってしまった魚町が一番手。

今年のだんじりも楽しみですね(*^^*)

魚町の紫鱗というのは、新鮮な魚を賛美する言い方で、町名にちなんでつけられたとか。。。

 

上野天神祭りには、9基のだんじりが出ており、京都祇園祭の鉾や楼車を取り入れたものとされています。

祭り筋と呼ばれる町々が、町ごとに1基所有しており、だんじりを引く引き手と、だんじりの中でお囃子を奏でる囃子方がいます。

お囃子は、祇園囃子です。
三味線囃子を奏でる東町を除いて鉦・太鼓・笛のお囃子になります。
曲目は、町々によって5曲~16曲とばらつきありますが、出発の特・曲がり角・自分の町内に帰った時等、だんじり毎・シーンによてお囃子が変化していくの様を聞くのもだんじり曳行の楽しみのひとつです。

 

少子高齢化の影響で、引手や囃子方等の不足が深刻なんだそうです。

お祭りを楽しみながら、歴史に触れ、興味を持った方は是非、参加して下さいね。

 

だんじりと一緒に観られる、鬼行列も・・・楽しみですよね( *´艸`)

 

 

 

(ゆーたん)

 

 

 

 

LINEで送る

ページの上へ