【伊賀】需要増加!課題だらけの高齢者の外出支援 地域住民、一般車で送迎 人員不足に資金難

LINEで送る

kaigo_sougei

 

 

毎日新聞によりますと。。。

 

「車がないと、買い物にも行けへん。難儀な話や」。名張市の高齢男性が不満をもらす。郊外に住宅地が点在する同市では、マイカーの運転ができなくなった高齢者の外出問題は深刻だ。そんな中、地域住民が一般車で送迎する「外出支援」の需要が高まっている

 

 

とのことです。

 

 

 

 

 

◆通院も困難

 桔梗が丘地区の地域づくり組織「お助けセンター 絆」では昨年10月に支援をスタート。

いつも利用しているのは元会社員、澤森稔さん(81)。行き先はかかりつけ医の「市立病院」だ。

現在は妻と二人暮らしで、一昨年から体調を崩し、月に一度の通院が欠かせない。車を運転していたが、70代で免許証を返納。以降は路線バスを利用していたが、現在は薬の副作用で自宅近くの停留所まで歩くことさえ困難になった。

タクシーだと往復で数千円かかるため、「支援は大助かり。(有償なので)気兼ねなく使える」と歓迎する。

 数年前に夫を亡くした鶴崎千鶴子さん(85)は、すずらん台地区の「ライフサポートクラブ」の支援で買い物に行くのが日課。

団地内には小さな商店しかなく、大型店での買い物は欠かせない。

足腰に持病があり、運転手が荷物を玄関先まで運んでくれるため、まとめ買いも可能。

「支援は命の綱」と頼りにしている。

 

 

 

 

 

 ◆多様なサービス

 支援は、桔梗が丘▽百合が丘▽つつじが丘▽すずらん台の4つの地域づくり組織が取り組む。

対象は高齢者などの交通弱者。送迎車は市の補助金を利用して購入した軽乗用車や大型ワゴン車などで、運転手は60、70代の地域住民だ。

運行は主に、病院や商業施設を巡回する方式と、自宅から目的地まで送迎する2パターン。

登録が必要(一部有料)だが、負担金は片道で100~400円と安価だ。

 

 

 ◆不満の声も

 喜ばれている一方で「利用しづらい」などの不満の声があるのも事実。

事前に予約が必要な場合が多く、運休日もあるため、急な外出には不向き。

車も1台しかなく、希望者が定員を超えたときは、日時の変更を余儀なくされることもある。

ある利用者は「肝心なときに使えないのでは意味がない。高いけどタクシーの方が利用しやすい」と口にする。

 

 

 ◆台数増やせず

 有料で人を運送するには「道路運送法」に基づく申請手続きが要る。

しかし、交通弱者らを対象にガソリン代のみを徴収する場合は除外となるため、どの組織も負担金を数百円程度にしか設定できない。

資金不足のため、車両の維持費や人件費をねん出できず、車の台数を増やせないのが現状だ。

ある組織は「これ以上サービスを充実させると、パンクしてしまう」と心境を吐露する。

 

 

 ◆行政へ対策要望

 各組織とも市に補助金アップを要望しているが、財政難の市は「これ以上の増額は厳しい」としている。

高齢者増で、来年度以降に支援への参入を検討している組織もある。

組織側は「金銭面だけでなく、スタッフの高齢化による『老老支援』も問題。市は地域まかせにせず、1日でも早く何らかの対策をとってほしい」と強く要望している。

 

 

 

高齢者の事故が問題となり、免許証返納をすすめ、補助金足りずで支援が行き届かない。。。

都会とは違い、自動車がないと本当に困ることばかり。

なんとか補助金UPに繋げて行きたいですね。

地域の助け合いが出来て、安心して暮らしていけるなんで素敵ですよね(*^^*)

こういうところに税金が有効kに回るよう願いたいですね。

 

 

 

(ゆーたん)


伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

【注目!】伊賀・名張のクーポンてんこもり

ゴーガイチケット」はこちらから。

LINEで送る

2017/03/18
ページの上へ