【伊賀】伊賀市の地区市民センターに設置の専用ファクスによる住民票などの証明書の即時発行が終了となります。

LINEで送る

syorui_juminhyou

 

 

毎日新聞によりますと。。。

 

 

 

伊賀市の地区市民センターに設置の専用ファクスによる住民票などの証明書の即時発行は、8月末で終了する。

 

 

とのことです。

 

 


市が16日の市議会全員協議会で発表したとのこと。

9月以降は、申請から受け取りまで時間のかかる取り次ぎ方式や郵送で交付するそうです。

 

33地区のセンターは、専用ファクスで本庁・支所とつながり、証明書を即時発行していた。しかし、老朽化により昨年1月から今年3月にかけて、旧上野市の6センターのファクスが故障したとのこと。

現在6センターでは、申請と受け取りの2度、市民に来てもらい、その間に職員が本庁で発行された証明書を運ぶ取り次ぎ方式に移行しているそうです。

他のセンターも8月までにファクスが使えなくなった場合、取り次ぎになるとのことです。

 

9月以降は全てのセンターで、取り次ぎか、申請にだけ行き郵送による受け取りの方式になるそうです。

利用者はどちらかを選択し、郵送は原則普通郵便で料金は市が負担するとのことです。

 

昨年度のセンターでの発行件数は2697件で全体の2・36%て、本庁と支所のファクスは更新時期の9月から新機種に取り換えるそうです。

 

入れ替えに伴い、センターの旧機種とは接続できなくなり、利用実績などから新機種をセンターに導入しないと決めたとのこと。

市は「新機種を33のセンターに導入した場合、年間リース料は約1800万円。証明書1枚当たり約6000円かかる計算になる」と説明しているそうです。

 

 

郵送になってしまうと受け取る迄に数日かかってしまうわけですね。

大切な証明書が発送が普通郵送というのも、誤配や紛失などのトラブルが心配ですね。。。

どのFAXもいつ壊れるかわかりません。

取り次ぎ、郵送とも、日数を考慮して早めに申請しておきましょうね。

 

 

 

 

(ゆーたん)


伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

【注目!】伊賀・名張のクーポンてんこもり

ゴーガイチケット」はこちらから。

 

LINEで送る

 
2017/05/18
ページの上へ