【名張】名張市中町の簗瀬水路にハナショウブを載せた「花筏」2基が涼しげに浮かんでいます

LINEで送る

24208ad2152071857001

 

名張観光ガイドより引用

 

 

 

毎日新聞によりますと。。。

 

 

名張市中町の簗瀬(やなせ)水路(城下川)にハナショウブを載せた「花筏(はないかだ)」2基が涼しげに浮かび、紫や白の花が道行く人を楽しませている。

 

 

とのことです。

 

 

 

水環境の保全活動に取り組む市民団体「川の会・名張」(福廣勝介代表)が1990年から毎年設置しており、初夏の風物詩として親しまれているそうです。

 

水色の筏は合板や竹で作った長さ約2メートル、幅約1メートルで、2基に計150株を載せたとのこと。

今年はハナショウブの生育が遅かったため、例年より1週間遅い11日から始め、25日まで浮かべる予定にしているそうです。

 

 

近くの豆腐店経営、吉井正男さん(77)は「街に潤いが生まれ、毎年楽しみにしています」と喜び、同会の竹尾敬三・事務局長(62)は「水環境について考えたり、旧市街地を訪れるきっかけになればうれしい」と話しているそうです。

 

 

設置の様子。。。

 

 

DCAjOp6V0AE8tgl1

 

 

 

DCA4CaYV0AAgQqp1

 

 

一つ一つを手作業で。。。

 

 

received_1916098785273059-715x953

 

 

完成!

 

 

DCA4Ed4U0AERocI1

 

 

色の濃淡がとても綺麗で見事ですね(*^^*)

 

 

24208ad2152071857001

 

 

周囲の紫陽花と相俟って涼しげな光景です。

 

 

蒸し暑い梅雨の涼にぴったりのスポットですよ!

是非、行ってみて下さいね(*^^*)

 

※画像は名張観光ガイドより引用

 

(ゆーたん)


伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

【注目!】伊賀・名張のクーポンてんこもり

ゴーガイチケット」はこちらから。

 

 

 

LINEで送る

2017/06/18
ページの上へ