【名張】 シカ駆除の流れ弾が頭に当たり、草刈りの83歳女性がけが

LINEで送る

futta2396m-e1469962892685-11

 

 

産経ニュースによりますと。。。

 

 

18日午後2時50分ごろ、三重県名張市布生で、ニホンジカの駆除をしていた名張市猟友会所属で同市の無職男性(78)が発射した散弾が、草刈りをしていた同市の無職女性(83)の頭に当たった。

 

 

とのことです。

 

 

女性は頭部を数針縫ったとのことですが、全治2週間のけがで命に別条はなかったそうです。

 

三重県警名張署によると、女性は男性とシカの間にある田んぼの、のり面で作業していたそうです。

男性からは見えにくい位置だったとのことで、男性に同行していた猟友会メンバーが異変に気付き119番したそうです。

 同署は業務上過失傷害の疑いもあるとみて、状況を調べている。

 

 

 

名張でも、鹿や猪による農作物の被害が多発し、車に衝突するなど問題になってますね。

駆除のお陰で助けられているとはいえ、このような事故が身近でおきると、子供達や農作業中の安全はどう注意すればいいのかと改めて考えさせられます。

 

怪我をされた女性が命に別状がないとのことでホッとしました。

地区や市の広報等、注意して確認していきましょうね。

 

 

(ゆーたん)


伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

【注目!】伊賀・名張のクーポンてんこもり

ゴーガイチケット」はこちらから。

LINEで送る

ページの上へ