【伊賀】毎年8月、夜空を彩ってきた「市民打ち上げ花火大会」苦渋の中止に

LINEで送る

fireworks_18

 

 

読売新聞によりますと。。。

 

 

三重県伊賀市で毎年8月、夜空を彩ってきた「市民打ち上げ花火大会」が、今年は開かれないことになった。

 

 

 

とのことです。

 

 

 

実行委員会事務局を務める上野商工会議所が、翌日開催の「市民夏のにぎわいフェスタ」の運営主体も担っており、人員確保の面で両立が難しいと判断したためだそうです。

実行委は10日、上野天神祭(10月20~22日)の無形文化遺産登録を記念した祝賀花火大会を、10月14日に開くことを決定。商議所は「夏の花火の中止は残念だが、秋を楽しみにしてほしい」としているそうです。

 花火大会は旧上野市時代の1991年から市の主催で断続的に開かれ、2006年から伊賀青年会議所(JC)を中心とする実行委員会が、伊賀市小田町の上野運動公園周辺を主会場に、服部川河川敷で約2000発を打ち上げてきたそうですが、15年を最後に、伊賀JCが人手不足などから継続を断念し、実行委を解散したとのことです。

昨年は、上野商議所が中心となって新たな実行委がつくられ、約1600発に規模を縮小して開いたそうです。

 昨年12月、「上野天神祭のダンジリ行事」を含む全国の「山・鉾ほこ・屋台行事」が、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。これを受け、実行委は4月の検討会議で「夏の花火大会は中止して、代わりに秋、遺産登録を祝って開催する」と決定したそうです。

 10日の検討会議では、天神祭1週間前の10月14日午後7時半~8時半と決めらら、会場は変更しないとのことです。

上野商議所の佐治篤史事務局長は「今年は、祝賀花火の実施を優先した特例。来年以降も秋に行うか、夏に戻すかを、今後検討する」と話しているそうです。

 

毎年恒例だった花火大会が中止。。。

なんだか寂しいですね。

ちょっと先に延びたと思って、秋の花火大会を楽しみにして下さいね(*^^*)

 

 

 

(ゆーたん)


伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

【注目!】伊賀・名張のクーポンてんこもり

ゴーガイチケット」はこちらから。

LINEで送る

ページの上へ