【伊賀】 敬老の日を前に、伊賀市内の男女最高齢者を岡本栄市長が訪問

LINEで送る

Screenshot_2017-09-08-20-27-20-1

 

 

※朝日新聞より引用

 

朝日新聞によりますと。。。

 

 

 敬老の日を前に、伊賀市内の男女最高齢者を岡本栄市長が6日訪問し、それぞれに市最高齢者認定証と記念品の綿毛布を贈り、長寿を祝った。

 

 

とのことです。

 

 

男女を通じての市内最高齢は女性で、107歳の西澤正江さんだそうです

1909(明治42)年11月23日生まれで、家族によると6人の子、14人の孫に加え、ひ孫、やしゃごにも恵まれているということです。

 

西澤さんは昨年から、朝屋の特別養護老人ホーム第二梨ノ木園に入所しているとのことで、耳は遠いものの、はっきりとした口調で、自身の生年月日や市長の名前なども語ったそうです。

岡本市長にお祝いの品をもらうと、西澤さんは「もったいない、感謝、感謝」と、手を合わせながら涙ぐんでいたそうです。

 

報道陣から長寿の秘訣(ひけつ)を聞かれると、西澤さんは「別に何も気をつけてへん。感謝、感謝」と、やはり感謝することの大切さを繰り返したそうです。

好きな食べ物については「好き嫌いは言うたらあかん。何でもおいしい」と話して笑いを誘ったそうです。

 

男性の市内最高齢者は、102歳の南宗義さんで、同日、岡本市長からお祝いの品が贈られたそうです。

 

 

お二人とも百歳超え、凄いですね。

いつまでも、どうかお元気でいて下さいね(*^^*)

 

 

(ゆーたん)


伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

【注目!】伊賀・名張のクーポンてんこもり

ゴーガイチケット」はこちらから

 

 

 

LINEで送る

2017/09/08
ページの上へ