【名張】東日本大震災の遺児らを支援する「復興支援入札オークション」を名張市桔梗が丘3番町の「ギャラリー閑(かん)」で開催!

LINEで送る

Screenshot_2017-09-16-21-53-52-1

 

朝日新聞より引用

 

 

 

朝日新聞によりますと。。。

 

 

 東日本大震災の遺児らを支援する「復興支援入札オークション」が、名張市桔梗が丘3番町の「ギャラリー閑(かん)」で16~19日にある。

 

 

とのことです。

 

 

 

花器やつぼなど美術品やアクセサリー、衣類、雑貨など200点以上を展示販売するとのこと。

陶芸家や画家、服飾作家らの出品作品は入札で購入者を決めるそうです。

ギャラリーを主宰する中森光代さんが、震災の起きた2011年から年1回開いているそうです。

指揮者の小澤征爾さんらによる「桃・柿育英会 東日本大震災遺児育英資金」(事務局・大阪市北区)の立ち上げを報じる朝日新聞の記事を読んだのがきっかけということです。

 

入札は、出品者が事前に付けた価格を最低価格として、最終日の締め切りまでに最高額を付けた人が落札するとのこと。

収益金のほとんどを育英資金に寄付され、過去6回で計264万9239円を支援したそうです。

中森さんは「災害が多すぎて、お客さんもピンとこなくなって困ったものです。若い人もたくさん来てほしい」と話しているそうです。

開催時間

 午前11時~午後6時

16日の午前11時と午後2時から、被災者支援などに取り組むNPO法人「三重のこころ」(伊賀市緑ケ丘南町)によるライブとパネル展示、東北の商品の販売がある。

 

 

問い合わせ

ギャラリー閑

0595-65-1361

ここ数年は本当に沢山の震災、天災があり、多くの被災者の方がおられます。

慣れてはいけない、明日は我が身。

まだ、私達にできる支援はありますね。

皆さん、ご協力お願い致します。

 

 

 

(ゆーたん)


伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

【注目!】伊賀・名張のクーポンてんこもり

ゴーガイチケット」はこちらから

LINEで送る

2017/09/16
ページの上へ