【伊賀・名張】JA伊賀北部とJA伊賀南部が来年4月に合併「伊賀ふるさと農協」へ

LINEで送る

unnamed

 

wikipediaより引用

 

 

毎日新聞によりますと。。。

 

 

伊賀地域の伊賀北部農協(JAいがほくぶ)と伊賀南部農協(JA伊賀南部)が来年4月に合併し、伊賀ふるさと農協(JAいがふるさと)が誕生する。

 

 

とのことです。

 

 

 

北部の北川俊一、南部の辻村和郎の両組合長が29日、伊賀市西明寺のホテルで合併予備契約に調印したとのこと。

 

合併後の総組合員数は2万1173人(今年3月末の両農協の数値から)となり、伊賀市平野西町の現北部本店がふるさとの本店になるそうです。

 

 

 合併事務局によると、2015年11月、合併研究会を設置し、今年3月研究会を推進協議会に変更したとのことです。

 

北部は存続し、南部は解散する方式を取るが、対等合併とし、11月の両農協の合併総代会で正式決定するとのことです。

 

事務局は基盤強化などを合併の理由に挙げているそうです。

 調印式であいさつした北川組合長は「両JAの強みを生かし、伊賀ブランドの名声を高め、地域振興に寄与したい」と述べ、辻村組合長は「合併して良かったと言っていただけるJAづくりにまい進する」と語ったそうです。

 

 

調印式には伊賀市の岡本栄、名張市の亀井利克の両市長が立ち会ったとのこと。

 

 北部は旧青山町を除く伊賀市域が管内。伊賀市四十九町にあった本店は今年5月、現在地に移った。南部は名張市域と旧青山町域が管内で本店は名張市夏見にある。

 合併により、総組合員数の規模は県内11JAのうち4番目になるということです。

 

他の規模は

職員722人

貯金2469億100万円

貸出金607億9500万円(いずれも同)

 

となるそうです。

 

 

互いの強みを生かし、より大規模に生まれ変わるようですね。

利用する側としては、更に便利になるかな?と期待してしまいますね。

 

 

 

 

(ゆーたん)


伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

【注目!】伊賀・名張のクーポンてんこもり

ゴーガイチケット」はこちらから

LINEで送る

ページの上へ