【名張】「名張毒ぶどう酒事件」名古屋高裁が再審請求棄却

LINEで送る

Screenshot_2017-12-08-20-32-25-1

 

yahoo!ニュースより引用

 

 

yahoo!ニュースによりますと。。。

 

 

56年前三重県名張市で女性5人が死亡した「名張毒ぶどう酒事件」の第10次再審請求審で、名古屋高裁は8日再審を認めない決定を下しました。

 

 

 

とのことです。

 

 

1961年に女性5人が死亡した「名張毒ぶどう酒事件」では、無実を訴え裁判のやり直しを求め続けていた奥西勝元死刑囚(享年89)がおととし死亡したため、妹の岡美代子さん(88)が引き継ぎ10度目の再審請求をしていました。

弁護団は「ぶどう酒の王冠に巻かれた封緘紙から本来、付いていたノリとは別のノリの成分が検出された」とする鑑定書を新証拠として提出していたとのこと。

そのうえで「奥西死刑囚が事件現場でぶどう酒に毒物を入れたのではなく真犯人が別の場所で毒物を混入した後ノリで貼り直した可能性がある」と主張していたそうです。

8日、名古屋高裁の山口裕之裁判長は「ノリの成分の鑑定で本来とは別のノリの成分が検出されたのは長い時間の経過により様々な要因が重なり合って生じたものと考えられる」などとして再審を認めない決定を下したそうです。

弁護団はこの決定を不服として近く、異議申し立てをする方針とのことです。

 

 

引き継がれた妹さんも88歳とご高齢です。

今後も続いていくのかと思うと、心身のご負担も心配です。

 

 

 

 

(ゆーたん)


伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

【注目!】伊賀・名張のクーポンてんこもり

ゴーガイチケット」はこちらから

LINEで送る

ページの上へ