【伊賀】獣害対策!伊賀市の民家でアライグマ捕獲

LINEで送る

Screenshot_2017-12-12-22-02-14-1

 

yahoo!ニュースより引用

 

 

yahoo!ニュースによりますと。。。

 

 

伊賀市の家で先月末、一階の応接室にある20センチ×15センチの天井板が抜け落ちているのを住人が発見。床には天井に空いた穴から転げ落ちてきたと見られる乾燥した糞が散乱していた。
とのことです。


家は木造二階建てかわらぶきの日本家屋で、すぐさま専門業者に調査を依頼したとのこと。
糞は動物のものと見られ、種などが混じっている状態から「ハクビシンかも」と言われたそうです。
天井板は屋根裏に糞尿がたまり腐ったことで落ちてきたようで、業者も「ここまでになるのは相当ひどい状態ですね」とのこと。


幸い、天井板が抜け落ちてからあまり日が経っていなかったため、糞が落ちていた以外は、居住空間への侵入被害はなかったそうです。
早速駆除と屋根裏の清掃や穴埋めをお願いしたそうです。


駆除の一環として、屋根裏と侵入経路と思われる敷地内の計三カ所に捕獲用の箱わなを設置。翌朝すぐに、動物が一匹かかっているのを発見。屋根裏を荒らしていた犯人は、アライグマだったそうです。

アライグマは学習能力が高く、人の気配などを察すると簡単にわなにかからないケースも多いそうです


伊賀市では、アライグマによる農作物や家屋被害の増加に対応するため、特定外来生物被害防止法に基づき、アライグマ防除実施計画を策定。平成22年3月から、狩猟免許のない一般市民でも捕獲できるようにし、捕獲用器具(箱わな)を無料で貸出し(一人一基、期間二週間)しているとのことです。


 北米原産のアライグマは、生態系を破壊したり、人や農林水産物に被害を及ぼす恐れのある外来種として全国的に問題となっており、17年に「特定外来生物」に指定。ペットとしての飼育や持ち運び、輸入などが禁止されているが、市によると、22年以降、寄せられた捕獲頭数は350頭前後で推移。県内で最も多いとするが、「熱心に取り組んでいる結果」(市農林振興課鳥獣対策係)ということです。


 
アライグマによる被害で多いのは、畑などの農産物を食い荒らしたり、民家の屋根裏などに侵入し、騒音を立てたり、糞尿したりするケース。屋根裏は出産場所にも適しており、営巣する場合もある。

 家屋被害では、強靭な筋力と鋭い爪を持つため、「十センチほどのすき間があるとどこへでも入り込む」(同係)という。専門業者も「指三本分空いていれば侵入する」。家屋のすき間などを埋める対策は必要だが、瓦を外したり、壁に穴を空け、木板を外すのはお手のもの。「防除の有効な対策は捕獲しかない」(同係)のが現状だそうです。

 

放っておくと個体数は増加し、被害が拡大するそうです。
動物園なんかで見てると可愛いんですが、いろんな被害は困りますよね。。。
 
動物達にとっても、住みにくい世の中になりつつあるんでしょうか?
 
自然、大切にしないといけないですね。

 

 

 

 

(ゆーたん)


伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

【注目!】伊賀・名張のクーポンてんこもり

ゴーガイチケット」はこちらから

LINEで送る

2017/12/12
ページの上へ