【伊賀名張】初詣で頂いた破魔矢、正しく祀って御利益を!


200px-Hamaya

 

 

2018年年明けはいいお天気でしたね(*^^*)

初詣、もう行かれた方も多いのでは?

おみくじの結果はいかがてした?(*^^*)

初詣で頂いた破魔矢、どうしてますか?

せっかく頂いたんですから、きちんと御利益頂きましょう(*^^*)

 

 

破魔矢とは?。。。

 

正月の縁起物として寺院神社で授与されるである。破魔弓と呼ばれるとセットにすることもある。

このほか、家屋を新築した際の上棟式に呪いとして鬼門に向けて棟の上に弓矢を立てる。新生児の初節句に親戚や知人から破魔矢・破魔弓を贈る習慣もある。

正月に行われていた弓の技を試す「射礼」(じゃらい)という行事に使われた弓矢に由来するとされている。元々「ハマ」は競技に用いられる的のことを指す。これを射る矢を「はま矢(浜矢)」、弓を「はま弓(浜弓)」と呼んだ。「はま」が「破魔」に通じるとして、正月に男児のいる家に弓矢を組み合わせた玩具を贈る風習が生まれた。後に、一年の好運を射止める縁起物として初詣で授与されるようになった。

日本では古来、呪術をかける事は少ないが、呪術に対する破邪の慣習は多くある。一般に破魔矢の先が鋭く尖っていないのは、目標とする人や物自体ではなく邪魔が発する邪気・邪意・邪道・邪心等の妖気を破り浄化する用を為せばよいので、鋭利な刃物である必要が無い為である。

一般には破魔矢のみがよく流通しているが、正式には、破魔弓で射て初めて邪魔を破り浄化する効力を発揮する。一般人が破魔矢を持つ意味は、破魔弓は神や神主や破邪の能力を有する者が持って方向と力と気を定めて構え、破魔矢の所有者は破りたい魔に対する矢を提示する形で射られる、との仕組から来る。

飾り方としては、本来はその時々の凶方向や逢魔の方角に先を向けて配置するのが正式だが、通常言われている凶方向や神社などでの指示に従って飾っても、心の中で邪気に向けて破魔矢を射るとの意味合いで飾っても、効力を発揮すると言われている。

wikipedia より抜粋

 

 

とのことです。

 

 

さて、持ち帰ったら何処へ。。。?

 

基本的に、破魔矢を飾る時に難しい決まり事はなく、神棚や床の間があれば、そこにお祀りするだけで大丈夫だそうです。

神社によって、〇〇の方角などと書かれているところもあるようです。

神棚・床の間どっちもない!
そういう場合は、どこでもかまいませんが、神様を見下ろすことがないように、大人の目線よりも高い場所へ飾るといいですね。
どうしても方角が気になる場合は、その年の凶方、もしくは鬼門(東北東)に矢じり(羽根のついていないほう)を向けるといいでしょう。

 

 

2018年の凶方は。。。

 

辰年の方角、東南東より少し南側(角度でいうと120度)に破魔矢の先のとがった方を向けて祀って下さい。

 

 

 

これで一年厄から守って頂ける。。。かも。

せっかく頂いた御利益、大切にして下さいね(*^^*)

 

 

 

(ゆーたん)

 

 

 


 

伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

【注目!】伊賀・名張のクーポンてんこもり

ゴーガイチケット」はこちらから

 

 

 


2018/01/01
ページの上へ