【名張】赤目の森作業所で採れたジャンボシイタケ「美味し国 神々の手鞠」の出荷が始まるそうです

LINEで送る

Screenshot_2018-01-14-20-57-47-1

 

朝日新聞より引用

 

 

朝日新聞によりますと。。。

 

 

かさの直径8センチというジャンボな原木シイタケが、障害のある人らが働く「赤目の森作業所」(名張市上三谷)で採れ始めた。1個5千円ほどもすることで話題の石川県産「のとてまり」と同じ品種「のと115」の菌を使い、「美味(うま)し国 神々の手鞠(てまり)」と名付けて出荷する。

 

 

とのことです。

 

 

 シイタケは高さ3センチ、かさの巻き込み幅1センチというジャンボさとのこと。

作業所の運営や里山保全に取り組むNPO法人「赤目の里山を育てる会」の伊井野雄二理事長によると「原木10本に1個あるかないか」ということです。

 

 NPOはこの20年ほど、里山保全で切り出したほだ木約5千本を使い、シイタケ栽培に取り組んできたそうです。

通常品のほかに「より付加価値の高いものを」と極上品の生産も目指し、今年ようやく目標のものができてきたとのこと。

 

 価格は6個入り3千円(税別)。一部出荷もするが、基本的に予約で注文を受けるとのことです。

 

 

問い合わせ

 

電話0595-64-0051

「育てる会」のサイト

http://akame-satoyama.orgからメールで。

伊井野理事長のフェイスブックへのメッセージでも受け付ける

 

 

 

とても立派な椎茸ですね。

十分メインになりそうです。

ここまで辿り着くには大変なご苦労だったと思います。

一般にも流通するようになると嬉しいですね(*^^*)

 

 

 

(ゆーたん)


伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

【注目!】伊賀・名張のクーポンてんこもり

ゴーガイチケット」はこちらから

LINEで送る

ページの上へ