【伊賀】またまた伊賀で発見!小学校であの「セアカゴケグモ」が発見されたとのこと!伊賀市が注意喚起!

本日、伊賀市あんしん防災ネットより、15:31にこんなメールが届きました!

 

6月22日、上野西小学校で「セアカゴケクモが発見されました。他の場所にも生息している可能性があるので、十分注意してください。
〔特徴〕黒い体で背に赤い模様、
触るとかむ
〔生息場所〕コンクリートブロック、プランター、側溝内・
ふたの裏など
〔発見したら〕踏みつぶす、殺虫剤で駆除 
〔咬まれると〕患部が痛む・腫れる・熱く感じる(
命の危険はない) 
〔処置〕水で洗う、医療機関を受診する

【環境政策課 電話20-9105】

 

でました(・・;)
あの「セアカゴケグモ」が、よりによって小学校に!

以前、名張で発見されたのが1月で、その時にもご紹介してますが・・・再度!

セアカゴケグモ

何度見ても、不気味ですね(・・;)

 

発見されたのがプールサイドで3匹、排水溝には10匹もいたんだそうです(>_<)
子供達に危険が及ぶことも十分考えられますので・・・
セアカゴケグモ」の復習といきますか?

 

★セアカゴケグモ★

●黒い体に赤い模様を持つのがメスの成体で体長7~10ミリ。

●白っぽいのはオスで、体長は4~5ミリ。

人に向かうことはありませんが、触ると噛むことがあります。
メスに噛まれると患部が腫れて痛み、毒が全身に回った場合には発汗や吐き気、頭痛などの症状が出ることがあります。
オーストラリアで1950年代に抗毒血清ができてからは、死亡例はありません。

★セアカゴケグモの卵★

tamago

セアカゴケグモの卵は極めて小さいもので、「卵のう」という袋に納められています。
ひとつの「卵のう」には100匹分前後の卵が入っており、1匹が1回で3~5個の「卵のう」を産みます。
写真は溝の蓋に産み付けられていたもので、4個の「卵のう」が確認できます。

 

★主な生息場所★

屋外ブロック・プランター・庭石や墓石の隙間やくぼみ・排水溝の側面・グレーチングの裏・マンホールの裏・サンダル(外履き)の中など

★対処方法★

素手では絶対に触らないでください!!!

 

★セアカゴケグモをみつけたら。。。

◎素手で触らないでください。
  保護者の方は子供が触らないよう、気を付けて下さい。
  いつも外に置いてあるサンダルなどを履くときは、クモがいないかを確認して下さい。

◎駆除して下さい。
  素手で触らず、市販の殺虫剤(ゴキブリ駆除用のピレスロイド系)などで駆除するか、または、靴などで踏みつぶして下さい。

◎クモが巣を作れない環境にしましょう。
  家の周りを整理整頓、掃除することで、クモがすめないようにしましょう。

 

★セアカゴケグモの卵のうをみつけたら。。。

◎靴などで踏みつぶす。

◎殺虫剤(ゴキブリ駆除用のピレスロイド系)を噴射する。

などをして、孵化しないようにしてください。
なお、成体(メス)が近くにいることがありますので、素手で触ることは避け、軍手などの厚手の手袋をつけて駆除して下さい。

 

★もし、噛まれたら。。。

◎患部をよく水で洗って下さい。

◎最寄りの医療機関で受診して下さい。その時に可能であれば、噛んだクモを持って行って下さい。治療の手助けとなります。

 

★セアカゴケグモの巣について。。。

セアカゴケグモの巣は、一般的にみられるクモの巣とは形状が異なり、特徴としては次のようなものがあります。

◎溝蓋の裏など、暗所に作る。

◎枯葉や小枝を集めて小さな塊とする。

◎多い時には10個以上の「卵のう」が合わせて産み付けられている。

 

セアカゴケグモは強い毒性をもってはいますが、突かれると驚いて死んだまねをするなど、攻撃性もなくおとなしいクモなんだそうです。
素手で触らない限りは噛まれることはまずないそうです。
見つけたときは、慌てず対処して下さいね(*^^*)

と、いうか、もう見つからないで!(>_<)
(ゆーたん)

2015/06/22 23:00 2015/06/22 23:00
ジモネタ伊賀・名張
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら