【名張】東大寺二月堂の「お水取り」に使われる松明は毎年名張から運ばれていた!

2016/02/10 23時09分

12717809_946572392088950_2060897438337031603_n

名張市facebookより

 

名張市facebookによりますと。。。

 

関西に春の訪れを告げる東大寺二月堂の「お水取り」。この760年以上続く伝統行事に使われる松明は、毎年、2月11日に午前8時から極楽寺(赤目町一ノ井)で切り出しと調整が行われ、3月12日に寄進されます。

 現在、郷土資料館では、伊賀一ノ井松明講と「春を呼ぶ会」の協力で、伊賀一ノ井松明調進行事(市指定無形民俗文化財)とお水取りにまつわる資料を展示しています。今回は寄進する松明の実物(重さ25㎏)を展示し、担いでいただくこともできます。
 ぜひ、この機会に調進行事を体験してみてください。

 

とのことです。

 

★展示期間

平成28年4月3日(日)まで
   午前9時30分~4時30分(入館は午後4時まで)

※休館日…月曜日・木曜日

なお、祝日の場合は開館し、翌日に振替休館

 

★場所

名張市郷土資料館 2階 企画展示室

 

★入場

入館無料

※申込不要

 

★お問合せ

名張市郷土資料館

名張市安部田2270

電話 0595-64-7890名張錦生ふるさとパーク内

[map]1三重県名張市安部田2270[/map]

 

 

知ってました?
お水取りは有名ですが、準備が名張で行われていたんですね~!(+o+)

 

一足お先に、お松明見てきませんか?

 

(ゆーたん)

 

 

ジモネタ伊賀・名張
号外NET他の地域

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ