【名張市】県内養豚場での豚コレラ発生に伴い名張市豚コレラ・アフリカ豚コレラ危機対策本部を令和元年7月25日に設置しました。

2019/07/26 07時00分

県内の養豚農場において、残念ながら豚コレラが発生しました。

 

三重県によると、7月22日から検査を実施した結果、県内の養豚農場において、残念ながら豚コレラが発生しました。これを受けて、三重県では直ちに具体的な防疫措置を行うとのことです。

 

まん延を防止するための措置として、発生農場付近で防疫措置の実施に伴い、交通面などご迷惑およびご不便をお掛けしますとのこと。

 

 

豚コレラとは

 

豚コレラは、豚とイノシシの病気であり、人に感染することはありません。

また、感染した豚の肉が市場に出回ることもありません。仮に、感染した豚の肉を食べても人体に影響はないとされており、正確な情報に基づいて冷静に対応していただくようお願いいたします。

 

名張市における対応状況

 

本市に養豚場はなく、市内において豚コレラの発生は確認されておりませんが、三重県内の養豚場で豚コレラの発生が確認されたことを受け、名張市豚コレラ・アフリカ豚コレラ危機対策本部(C体制:本部長 産業部長)を令和元年7月25日に設置しました。

関係部局等が連携し、有事に備え、迅速かつ適切な対応を行うための準備と、情報共有を図っています。

 

 

名張市は市内で死亡イノシシを発見した場合は、触らず、下記までご連絡を呼び掛けています。

名張市 産業部 農林資源室 0595-63-7625

(※休日・時間外 0595-63-2110、0595-63-2115)

 

人体への感染はないとのことですので、慌てず対処しましょう。

(ゆーたん)

ジモネタ伊賀・名張
号外NET他の地域

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ