【伊賀市・名張市】インフルエンザの流行が警戒レベルに!

2019/01/19 08時08分

三重県内でインフルエンザの流行が拡大しており、警報レベル(1定点医療機関当たりの患者数30人)を超えたそうです。

三重県では警戒を呼び掛けていまず。

 

インフルエンザについてと予防についてお復習しておきましょう!

★インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫とともに放出されたウイルスを、鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染します。症状としては、1日から5日(平均3日)の潜伏期の後に38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状が強く、あわせて普通の風邪と同様の、のどの痛み、鼻汁などの症状も見られます。さらに気管支炎、肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんなどを併発し、重症化することもあるので注意が必要です。

 

★インフルエンザ予防

⚫ウイルスをもらわない、うつさない

  • 外出時にはマスクを利用しましょう。
  • 室内では加湿器などを使って適度な湿度(50%から60%)を保ちましょう。
  • 帰宅時にうがい、手洗いをしましょう。

⚫体力や免疫力を高める

  • 十分な休養をとりましょう。
  • バランスのよい栄養をとりましょう。
  • インフルエンザの予防接種を受けましょう。

 

インフルエンザにかかったら、早めの治療と十分体を休めて下さい。

  • 早めに医療機関を受診して治療を受けましょう。
  • 安静にして、休養をとりましょう。
  • 水分を十分に補給しましょう。

予防接種を受けていない方、まだ間に合います。

接種からだいたい2週間で抗体ができます。

インフルエンザ流行のピークは例年1月下旬から2月です。

予防接種を受けることが1番の予防になりまずよ!

是非、接種しておいてくださいね。

(ゆーたん)


伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

ジモネタ伊賀・名張
ページの上へ