【伊賀市】所さんの目がテン!で忍者屋敷と忍者の生活が紹介されていました

2019/03/11 07時00分

本日放送の「所さんの目がテン!」で忍者屋敷と忍者の生活について放送されていました。

皆さんお馴染みの忍者。。。

 

三重大学特任教授・川上仁一さんが案内され、忍者屋敷は格が上の忍者の家と紹介されていました。

忍者は普段は農村部で農民として生活し、任務がある時は忍者として活動したと話されていました。

よく見る忍者の衣装と言えば「黒装束」ですが、黒の服を着る忍者はすくなかったそうですよ。

同じく三重大学の忍者食を研究する久松眞先生は「水渇丸」を紹介されていました。

「水渇丸」は

 

 

梅干しと

 

 

氷砂糖とせきどめの薬の麦門冬を混ぜて丸め、乾燥させたものだそうです。

疲れやストレスで出にくくなった唾液を出させたり、喉の渇きを軽減させたりするのに利用されていたそうです。

食事というよりは、疲労回復等の薬だったそうです。

現代のドリンク剤みたいなものでしょうか?

忍者について、知っているようで知らないこと、まだまだ沢山ありそうですね。

 

春の行楽シーズン、ゴールデンウィーク、沢山の方が忍者を、伊賀市を知ってくれるといいですね(*^^*)

 

(ゆーたん)


伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

 

 

 

 

ジモネタ伊賀・名張
号外NET他の地域

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ