【伊賀市】令和3年度(第75回)芭蕉祭は 関係者のみで行われるそうです。

画像はイメージです。

芭蕉翁の功績を広く讃えるため、伊賀市では、昭和22(1947)年から「芭蕉祭」を開催し、今年で75回を数えます。

今年の式典は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、内容を大幅に縮小し、祭詞奉納などを関係者のみで実施されるとのことです。

更に、10月11日(月)に開催を予定していた芭蕉祭記念講演会(歌枕俳枕講座)は延期し、芭蕉祭と同日開催の全国俳句大会は中止されるそうです。

令和3年度(第75回)芭蕉祭は 関係者のみで行います。

画像はイメージです。

伊賀市で生まれ元禄7(1694)年10月12日、51歳で亡くなった俳聖松尾芭蕉。

その翌年から、毎年、命日には、翁を敬愛する人々によって法要が営まれてきたそうです。

来年こそ皆さんで参加できるといいいですね。

2021/09/12 06:09 2021/09/12 06:09
ゆーたん
ジモネタ伊賀・名張
号外NET他の地域

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

編集部スタッフが読んでよかったと思う地域ニュース:トピックス

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集