【名張市】初瀬街道沿いの山中家の主家など国の登録文化財に

2019/03/20 07時00分

 

名張市元町の初瀬街道沿いにある山中家主家などを、文化審議会が国の登録有形文化財に登録するよう答申を行ったそうです。

 

Twitterでも。。。

 

名張市役所秘書広報室 on Twitter

名張市本町の初瀬海道沿いにある山中家住宅を、文化審議会が国の登録有形文化財に登録するよう答申を行いました。登録されれば市内の登録有形文化財は24件になります。建築年代は19世紀中期と推定され、古くは、日本地図を作成したことで有名な伊能忠敬が借宿として訪れた履歴が残るそうです。

 

登録されると市内では24件目となるそうです。

建物の鬼瓦には嘉永六年(1853年)の文字が彫られていりのが残っているそうです。

登録されることを期待したいですね。

歴史ある初瀬街道、春のお出掛けにもおすすめですよ(*^^*)

 

(ゆーたん)


伊賀・名張で話題沸騰の地元密着型割引クーポンは必ず持って出掛けましょう!

 

ジモネタ伊賀・名張

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ