【名張】癒しの里 名張の湯 レストラン「桔きょう」であの京都焼肉の代名詞「焼肉の名門 天壇」の焼肉が食べられる!

2015/05/19 20時17分

10410976_1582302911988347_5135767968948253711_n

 

11168531_1609835039235134_2273839766116336510_n

名張の湯より

知人より、癒しの里 名張の湯の焼肉がとにかく珍しくて美味しい!との情報が。
名張の湯さんにあるレストラン「桔きょう」で食べられるとのことでしたが。。。

 

「桔きょう」って焼肉屋じゃないぞ?どいうこと?

 

調べてみましたよ!

「桔きょう」で出されている珍しい焼肉というのは、「京都焼肉」といわれるものです。
中でも老舗、京都焼肉の代名詞「焼肉の名門 天壇」の焼肉なんだそうです。

 

普通焼肉といえばあの濃厚なタレを思いますよね?

 

なんと、こちらのタレは、「タレ」というより「出汁」です。

img09

 

ほら!

img08

 

どう?

img07

 

天壇ホームページより

「出汁」でしょ?
お上品な料亭の出汁って感じしませんか?

 

天壇ホームページによりますと

お肉を、お出汁のようなこのタレで食べる焼肉が50年もの間京都で愛されてきました。さっぱりとした後口とお肉のうまみを引き出すタレは、「焼いたお肉を食べごろの温度にし、お肉の味を引き立てるタレを」ということで考えられたものです。
天壇のつけタレは、1965年の創業当時のレシピのまま、現在も自家製で作り続けています。黄金色に透き通った、このタレは牛肉などを長時間かけて煮込み、旨みを抽出したお出汁をベースに作られます。実は創業以来歴代の料理長のみが知る、秘伝のレシピとなっています。
いまや京都焼肉の代名詞となった、天壇のお出汁のようなタレで食べる焼肉を是非、ご賞味ください。

とのことです。

 

こちらのお店は、いろいろな雑誌・テレビの京都特集でも老舗焼肉店として紹介され、現在発売中のHanako FOR MENにも掲載されているそうです。

こちらの焼肉を食べられるのは、東海地区では癒しの里 名張の湯だけなんだそうです。
ゆったりと温泉に入って、特別な焼肉を堪能できるところが、こんな近くにあるなんて、なんか得した気分ですね(*^^*)

時間のない方々も、ちょっとした旅行気分になれちゃいますね。
是非、行ってみてくださいね。
(ゆーたん)

 

癒しの里 名張の湯

所在地 三重県名張市希央台2番町77-1
電話 0595-28-5526

[map]三重県名張市希央台2番町77-1[/map]

 

ジモネタ伊賀・名張
号外NET他の地域

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ